"
トップ > 企­画課­ > 5月の出来事
飯豊町を知る
飯豊町について
飯豊町の今
5月の出来事

岩倉神社仁王像 修復後の仮鎮座

公開されている阿形像と吽形像  5月6日から、あ〜すで、中津川地区にある岩倉神社の仁王像が一般公開されています。この像は江戸時代後期に制作され、阿形像と吽形像の2体一組で同神社の仁王門にまつられているものです。長年の劣化により、本体木材の干割れや部品の欠損などがあったことから、(公財)朝日新聞文化財団の助成を受け、2カ年をかけて専門家による修復が行われました。公開は6月23日まで行われ、その後岩倉神社仁王門に鎮座されます。

春季不法投棄合同パトロール

看板などを設置する不法投棄監視員  5月24日、飯豊町不法投棄監視員と関係機関による春季不法投棄合同パトロールが行われました。パトロールでは町内5カ所を巡回し、空き缶や家庭ごみのほか、2台の冷蔵庫の不法投棄を発見し回収しました。悪質なものは、これから所有者の調査が行われます。また、ポイ捨てが多発している場所では、不法投棄防止の看板や、「不法投棄は犯罪!」と書か
れたのぼり旗の設置も行われました。

白川ダムビジョン推進会議「白川湖体験巡視」

湖上から船で巡視する様子  5月13日、白川ダム湖岸公園で、白川ダムビジョン推進会議主催による「白川湖体験巡視」が行われ、県内外から208名が乗船しました。ライフジャケットを身に着けて巡視船に乗り込んだ参加者たちは、ダム職員の説明を聞きながら満水の白川湖を巡視しました。下船後、「メディアでも最近よく取り上げられている、水没林の中で乗船体験ができ、とても満足した」などの感想が聞かれました。

ふるさと学園・さわやかクラブ開講式