トップ > 健康福祉課 > 有毒植物による食中毒に注意しましょう
福祉と健康
健康づくり
感染症予防
有毒植物による食中毒に注意しましょう

例年、特に春先から初夏にかけて、有毒植物を山菜等と間違えたことによる食中毒が全国で発生しており、中には亡くなった事例もあります。
令和3年にも、スイセン、イヌサフラン、バイケイソウなどの有毒植物を誤って食べて発生した食中毒事例が全国で15件報告されています(患者数20名)。


食用と確実に判断できない植物は、絶対に「採らない」「食べない」「売らない」「人にあげない」ようにしましょう!


詳しくは以下をご確認ください。 

厚生労働省のホームページ 有毒植物による食中毒に注意しましょう 〈外部リンク〉
厚生労働省のホームページ 自然毒のリスクプロファイル 〈外部リンク〉
山形県ホームページ 「有毒な山野草にご注意を」 〈外部リンク〉



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/健康福祉課 健康医療室

TEL/0238-86-2338 FAX/0238-86-2230

TOP