ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 健康福祉課 > 介護保険制度の概要説明

福祉と健康

福祉と健康
介護保険
介護保険制度
介護保険制度の概要説明
◆ 介護保険とは  
 介護保険制度とは、住み慣れた地域で、いつまでも健やかに暮らせるように、また介護が必要になっても、安心して自立した生活を送れるように、社会全体で助けあい、支えあう制度です。
 介護保険は、40歳以上の人が加入します。
 地域包括支援センターを中核に、各介護支援サービスなどと連携し、地域で介護を支えます。
 本格的な高齢化社会を迎え、「もしも自分や家族に介護が必要になったら…」という不安はますます増えています。
 もはや、介護は家族だけでは支えきれない現状にあり、深刻化しつつあります。
 こういった介護に関する問題を社会全体で支える制度が、介護保険制度です。
◆ 介護保険の財源
 介護保険は、介護保険法により40歳以上のすべての人に加入が義務付けられています。
 加入者が納める保険料と、公費を財源に介護保険は運営されています。
公費の半分は国で、残り4分の1を県と町が負担しています。
 介護を受ける場合は、原則として介護費用の1割を本人が負担し、残りの9割は介護保険の財源から賄われます。

介護保険料について
介護保険の申請・認定について

 地域包括支援センターは、国が市町村に設置を義務付けた機関で、地域の高齢者の健康や福祉などの総合的なサービスを行う拠点です。

介護予防マネジメント 介護予防事業、予防給付が適切に提供されるように支援します。
総合相談・支援 介護を受ける本人や家族から相談をうけ、保健・医療・福祉など必要なサービスを支援します。
虐待防止・早期発見 介護中の虐待やその兆候を早期発見し、状況の改善につとめます。
権利擁護事業 高齢者の財産の管理に不安がある場合、成年後見制度を利用できます。




この記事に関するお問い合わせ先

担当課/健康福祉課 福祉室
      山形県西置賜郡飯豊町大字椿3654-1番地

TEL/0238-86-2233    FAX/0238-86-2230