ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 健康福祉課 > 介護保険料について

福祉と健康

福祉と健康
介護保険 
介護保険料
介護保険料について

◆ 介護保険被保険者の分類
  

第1号被保険者 65歳以上の人
第2号被保険者 40〜64歳の人

 第1号被保険者と第2号被保険者では、保険料の算出は異なります。保険者は飯豊町です。

◆ 第1号被保険者の介護保険料
 保険料の基準になる「基準額」は、対象の人口や介護サービスなどで市町村によって決められます。
 飯豊町も計算式に準じ、以下のようになります。


○(市町村で必要な介護サービスの総費用)×(65歳以上の方の負担分22%)
 ÷(市町村に住む65歳以上の方の人数)
 = 保険料の基準額 年間82,740円(月額6,895円)

 基準額をもとに、所得額に応じて保険料が以下のようになります。

段階 対  象  者 保険料の調整率 保険料(年額 )
1 生活保護受給者 基準額×0.45 37,233円
老齢福祉年金受給者
世帯全員が町民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方
2 世帯全員が町民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円超120万円以下の方 基準額×0.75 62,055円
3 世帯全員が町民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円超の方 基準額×0.75 62,055円
4 世帯の誰かに町民税が課税されているが、本人は町民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方 基準額×0.9 74,466円
5 世帯の誰かに町民税が課税されているが、本人は町民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円超の方 基準額 82,740円
6 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方 基準額×1.2 99,288円
7 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の方 基準額×1.3 107,562円
8 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の方 基準額×1.5 124,110円
9 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上の方 基準額×1.7 140,658円

 ・ 納入方法
  年金が年額18万円以上の人は、年金から天引きになります。(特別徴収)
  年金が年額18万円未満の人は、納付書で金融機関から納付します。(普通徴収)
  
  第2号被保険者の介護保険料
 第2号被保険者の保険料は、加入している医療保険の算出法により決まります。

加入医療保険  保険料の算出 納入方法
国民健康保険(自営業など)  世帯の第2号被保険者の人数や所得額等によって決まります  世帯の健康保険料などと介護保険料の合計を世帯主が納めます
職場の健康保険  各加入医療保険で算定方法に基づきます  医療保険料とあわせて、給与から差し引かれます


◆ 介護保険料の滞納について
 特別な事情がないのに、保険料の滞納が続く場合、次のような措置がとられます。
 納付期間内に納めるようにしてください。

滞納期間 措置 具体的な措置内容
1年 ・サービス利用の支払方法の変更 利用したサービス費用の全額を支払い、後日町から払い戻しを受ける
1年6ヶ月 ・保険給付の一時差し止め 上記の払い戻し金額の一部または全額を一時的に差し止めます。
2年以上 ・利用者負担率の引き上げ サービス費用の自己負担を、3割に引き上げます。
 困ったことがあったら、まずはご連絡を…
 災害など特別な事情で保険料を納めることが難しい場合は、
保険料の減免や猶予が受けられることがあります。
 
 町健康福祉課 福祉室 へお気軽にご相談ください。
 


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/健康福祉課 福祉室
      山形県西置賜郡飯豊町大字椿3654-1番地

TEL/0238-86-2233  FAX/0238-86-2230