ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 教育委員会 > 令和3年9月のおすすめ図書

教育と文化

教育と文化
図書室
新着図書
令和3年9月のおすすめ図書
【一般図書】

1.「満天の花 」

佐川 光晴著/   出版:左右社

時は幕末、長崎。オランダ人商館員と遊女の間に生まれた青い目の少女・花。勝海舟と出会ったことで、花は激動の世界史の渦の中に投げ込まれる-。女性通訳を主人公に、幕末を外交の視点で捉えた時代小説。
2.「婿どの相逢席」
西條 奈加著 / 出版:幻冬舎

小さな楊枝屋の四男・鈴之助は、相思相愛のお千瀬の生家である大店の仕出屋「逢見屋」へめでたく婿入り。誰もが羨む逆玉婚のはずだったが…。夫婦奮闘記。『岩手日報』『山口新聞』ほか地方紙連載を加筆し書籍化。
【実用書】

1.「場づくりから始める地域づくり 」

飯盛 義徳著/  出版:学芸出版社


 岩見沢複合駅舎、芝の家、ゆがわらっことつくる多世代の居場所…。各地の「場づくり」の実践事例をとおして、地域づくりに資する場をいかに構築するか、そのための大切なポイントについて議論する。
2.「室町は今日もハードボイルド 」
清水 克行著/ 出版:新潮社

僧侶は武士を呪い殺し、農民は合戦を繰り広げ、浮気された妻は相手の女を襲撃-。中世の日本人は実は凶暴でアナーキーだった! 自力救済、信仰等を主題に、中世人の衝撃的な逸話の数々を紹介。『小説新潮』連載を加筆・修正。
「児童図書」

1.「かいけつゾロリのゾワゾワゾクゾクようかいまつり」

原 ゆたか作・絵/ 出版:ポプラ社

「ハロウィーンをもっとようかいのためのおまつりにしたい!」とはりきる、ようかい学校の先生。でも先生を手伝っていたのは、ゾロリを何度もひどい目にあわせたブルル社長で…。
2.「あんなにあんなに 」
ヨシタケシンスケ著/ 出版:ポプラ社

あんなにきれいに掃除したのに、もう散らかっている。あんなに泣いていたのに、もう笑っている。あんなに若かったのに、もうこんなにシワが…!? 子どもと、むかし子どもだったすべての人に贈る、家族に寄り添う優しい絵本。
3.「 こどもサピエンス史」
ベングト=エリック・エングホルム著,ヨンナ・ビョルンシェーナ絵,久山 葉子訳/ 出版:NHK出版

「賢い人」という意味の「ホモ・サピエンス」は、どのようにしてこの世界を作ってきたのか。二本足で立ち上がり、作物を育て、文字やお金を発明し…。オールカラーのイラストで人類史を楽しく解説する。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/町民総合センター「あ〜す」

TEL/0238-72-3111