ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 商工観光課 > 山村活性化支援交付金事業について

仕事と産業

仕事と産業
仕事と産業
山村活性化支援交付金事業
山村活性化支援交付金事業について

山村活性化支援交付金事業について

 飯豊町では、農林水産省所管の農山漁村振興交付金(山村活性化対策)を活用し、地域資源を使った商品化などによって所得・雇用の増大を図る取組を進め、地域の活性化を推進することを目的に以下の取組を行っています。交付金による事業実施期間は平成30年度から令和2年度までです。

【概要】
 山菜やスベリヒユなどを加工して商品化に取り組みます。また、宿泊施設において地域資源を活用した料理の提供ができるよう各施設のスタッフの加工技術の向上を図り、季節ごとのおもてなしができるようにして集客を図ります。
・1年度目/それぞれの事業の体制の強化を図りながら、製品の試作を行っていく。
・2年度目/販売層などを検討し、パッケージや販売先の検討を行う。
・3年度目/販路開拓のために物販イベントや展示会などに参加しPRを行っていく。

【山村活性化支援交付金事業の実施評価の公表】
 「農山漁村振興交付金(山村活性化対策)実施要領」(平成30年3月28日付け29農振第2261号農林水産省農村振興局長通知)の第9の1の(1)の規定に基づき評価を行ったので結果を公表します。

【平成30年度事業概要】
@宿泊施設等における資源活用
・スタッフを対象とした地域資源を活用した料理・おもてなし力向上のための指導
A山菜水煮・干しわらび活用商品開発
・山菜加工、直売所先進地視察研修(鶴岡市)の実施
・食品産業展示会等視察研修(東京都)の実施
・加工品試作のための調理・加工技術向上のための講習会開催
・加工品試作
・販売に向けたアンケート調査(使いやすさ、適正サイズ、食味、価格等について)
・山菜成分分析、活用法研究(山形大学)
Bスベリヒユおやき製品化・販売拡大(地元大学との連携)
・スベリヒユのおやきの飯豊町アンテナショップ(高円寺)でのトライアル販売(山形大学)
・生と調理済みの状態の違いについてと扱いやすさについて冷凍加工実証実験
・首都圏版ポスターの作成(山形大学)
・販売に向けたアンケート調査

平成30年度 山村活性化支援交付金事業評価PDFファイル(174KB)このリンクは別ウィンドウで開きます



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/商工観光課

TEL/0238-87-0523