ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 教育委員会 > 令和2年11月のおすすめ図書

教育と文化

教育と文化
図書室
新着図書
令和2年11月のおすすめ図書
【一般図書】

1.「灯台からの響き」

宮本 輝著  出版:集英社 

本の間から、亡き妻宛てに30年前に届いたハガキを見つけた康平。そこに描かれていたのは、海岸線と灯台のように見える線画。妻の過去を知るために、康平は灯台を巡る旅に出る…。『北日本新聞』ほか掲載を単行本化。
2.「帰ってきたK2 」
横関 大著   出版:講談社

池袋のアパートでシングルマザーの死体が発見された。真っ先に現場に駆けつけた神崎と黒木は、残された幼い娘を前に犯人検挙を誓う。ところが翌日、2人は突然、捜査本部から外されてしまい…。
 
3.「かわべ式子育てスイッチ」
川邉 研次著    出版:エッセンシャル出版社

健康も、良い子育ても、幸せな生き方も、全ては「こころとからだ」の見直しから始まる-。歯科医師の著者が、親子で人生を楽しみながら幸せになるための88の秘訣を教えます。本体は背表紙なし糸綴じ。 
 
【児童図書】

1.「キャラメル色のわたし」
シャロン・M.ドレイパー作,横山 和江訳    出版:鈴木出版

黒人のパパと白人のママが離婚し、1週間ごとに両親の家を行き来する生活を続けているイザベラ。家族やアイデンティティについて悩むなか、ピアノの演奏会の日に黒人の兄とともに警官に拘束され、銃を向けられ…!?
2.「ふしぎ駄菓子屋銭天堂 14」
廣嶋 玲子作,jyajya絵    出版:偕成社

その駄菓子屋は、幸せと不幸のわかれ道。女主人・紅子が、きょうもお客さんの運命を駄菓子で翻弄する-。「もてもてもち」「プレゼント扇子」など、駄菓子屋「銭天堂」を舞台にした不思議なお話全7編を収録。

  
3.「きんぴらきょうだい 」
苅田 澄子文,大島 妙子絵    出版:講談社

ごぼうとにんじんは「きんぴらきょうだい」と呼ばれるほど、大の仲良し。ふたりの願いは「きんぴら」になること。料理してもらおうと、みんなの家をたずねるけれど…。食べものの楽しいよみきかせ絵本。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/町民総合センター「あ〜す」

TEL/0238-72-3111