ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 教育委員会 > 令和2年7月のおすすめ図書

教育と文化

教育と文化
図書室
新着図書
令和2年7月のおすすめ図書
【一般図書】

1.「逆ソクラテス 」

伊坂 幸太郎著/   出版:集英社 

敵は、先入観。世界をひっくり返せ! デビュー20年目の著者が描く少年たちの物語。『オール讀物』掲載の「スロウではない」など、書き下ろし3編を含む短編全5編を収録。
2.「任俠シネマ 」
今野 敏著 /  出版:中央公論新社

義理人情に厚いヤクザの親分・阿岐本雄蔵のもとに、北千住にある古い映画館の経営再建の話が舞い込んだ。マル暴に監視されながら、阿岐本組の面々は、存続危機の映画館をどう守る!? 『読売プレミアム』連載を単行本化。
3.「オルガ」
ベルンハルト・シュリンク著,松永 美穂訳/   出版:新潮社

北の果てに消えた恋人へ-。小さな家庭の幸せを求めたオルガ、ドイツ国家拡大への夢想に憑かれたヘルベルト。言えなかった思いが最果ての地に眠る手紙から溢れだす。20世紀を生きぬいた、あるポーランド系女性の波瀾の生涯。
【児童図書】

1.「教室の日曜日  パンツをはいた宇宙人」
村上 しいこ作,田中 六大絵 /   出版:講談社

ここは、せんねん町の、まんねん小学校。教室のみんなは、来週行われる「教室たいこう大なわとび大会」に向けて猛練習中。でも、時計としょうかきがケンカをして大変! そこへ宇宙人がやってきて…。日曜日シリーズ。
2.「フンころがさず」
大塚 健太作,高畠 純絵 /   出版:KADOKAWA

ぼくはフンコロガシ。フンをころがすのが大好き。でも、みんなは「フンをころがすなんて、へんなやつだな」と言う。フンをころがすのをやめて、「フンころがさず」でいこうと決めたけど…。子どもの自己肯定感を育む絵本。
3.「かぶとむしランドセル」
ふくべ あきひろさく,おおの こうへいえ  /  出版:PHP研究所 

おじいちゃんから入学祝いに届いた「かぶとむしランドセル」は、給食のゼリーを勝手に食べたり、友達にいたずらしたり、こまったことばかりします。がまんできなくなったみっちゃんは…。見返しに手紙あり。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/町民総合センター「あ〜す」

TEL/0238-72-3111