ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 教育委員会 > 令和元年8月のおすすめ図書

教育と文化

教育と文化
図書室
新着図書
令和元年8月のおすすめ図書
【一般図書】

1.「サリエルの命題 」

楡 周平著   出版:講談社

突然発生した新型インフルエンザで、離島の住民が瞬く間に全員死亡。そしてとうとう本州にも感染者が。頼みの治療薬も全国民にはとうてい行き渡らず…。命の重さを問う長編。『小説現代』掲載を加筆し単行本化。
2.「じじばばのるつぼ 」
群 ようこ著   出版:新潮社 

駅のホームで列に割り込み、スーパーの店員に難癖をつけ、喫茶店で猥談に花を咲かせる…。街中で、パワーを持て余したじじばばが周囲を振り回す姿が! エッセイの名手が贈る、じじばば観察記録。『小説新潮』連載を単行本化。
 
3.「あり金は全部使え 」
堀江 貴文著  

小遣い制はやめろ、手柄は人にやれ、貸し金は捨て金と知れ、金持ちを目指すな、人に任せろ…。お金の呪縛を振り払い、悔いなく生きるための、ホリエモンのマネー哲学を紹介する。
 
 
【児童図書】

1.「じぶんでよめるきょうりゅうずかん  」
成美堂出版編集部編著    出版:成美堂出版 

ティラノサウルス、ステゴサウルス…。恐竜を中心に昔のいきもの124種類を、イラストやクイズとともにやさしく説明する。文字に興味を持ちはじめた子どもに、自分で本を読む楽しさを伝え、子どもの知的好奇心を引き出す本。
2.「ざんねんないきもの事典 もっと 」
今泉 忠明監修,下間 文恵絵,森永 ピザ絵,ミューズワーク絵,有沢 重雄文,野島 智司文,澤田 憲文
出版:高橋書店 

「デンキウナギは自分も感電してしまう」「タンチョウの赤い頭はハゲ」…。進化の結果、なぜかちょっと残念な感じになってしまった生き物たちを、楽しいイラストとともに紹介する。ジャケットそでに切り取り式のしおりつき。
3.「ようかいむらのわくわくなつやすみ  」
たかい よしかず作・絵    出版:国土社

ようかいむらの学校にも、なつやすみがやってきました。かっぱのかわたろうと、ぬりかべのかべどんは、海水浴に行くことに。しかし、重たいかべどんは、海に入ったとたん、しずんでしまい…。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/町民総合センター「あ〜す」

TEL/0238-72-3111