トップ > 住民課 > 後期高齢者医療制度における窓口負担割合の見直しについて
福祉と健康
国民健康保険・医療
後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度における窓口負担割合の見直しについて

 「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律」が令和3年6月に公布され、「施行日政令」と「2割負担の基準等の政令」が令和4年1月に公布されたことにより、後期高齢者医療における窓口負担割合が令和4年10月1日から見直されます。 
 後期高齢者医療制度の被保険者で、現役並み所得者(3割負担)を除く、一定以上所得のある方は、医療費の窓口負担割合が2割となります。
 窓口負担割合見直しの詳細については、国が示した以下の資料をご確認ください。

(1)後期高齢者の窓口負担割合見直しについて(概要)PDFファイル(654KB)
(2)見直しの必要性と意義PDFファイル(730KB)
(3)2割の対象となる所得基準の考え方PDFファイル(486KB)
(4)見直しに併せて行う配慮措置の考え方PDFファイル(296KB)

◆後期高齢者窓口負担割合コールセンター
電話番号:0120-002-719
受付時間:午前9時~午後6時(日曜日、祝日を除く)



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/住民課 住民室

TEL/0238-87-0511(直通)

TOP