ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 地域整備課 > 水道管の凍結防止と凍結したときの対処方法

住まいと暮らし

住まいと暮らし
上水道・下水道
水道管の凍結防止と凍結したときの対処方法
水道管の凍結防止と凍結したときの対処方法
凍結の目安となる気温・凍結しやすい場所

気温
 「マイナス4℃以下」
 マイナス4℃以下になると水道管の凍結や蛇口の破裂が多く発生しますので、天気予報で低温注意報が発表されたときにはご注意ください。

凍結しやすい場所
 ・水道管がむき出しになっているところ(給湯器に接続している配管等)
 ・水道管が戸外や北向きの日陰にあるところ(散水栓、湯沸かし器の元栓等)
 ・北向きにある水まわり(洗面所やトイレの蛇口等) 


水道管の凍結を防止する方法

1.保温材の取付け
 屋外のむき出しになっている配管や散水栓には保温材や凍結防止ヒーターの取付が効果的です。

2.水抜栓の使用(水抜きができない場合は、水を少量出しておく)


水道管が凍ってしまい、水が出なくなったときの対処法

1.蛇口や凍結している配管にタオルをかぶせ、その上からゆっくりと「ぬるま湯(50℃程度)」をかけて溶かします。
*急に熱湯をかけると、蛇口や水道管が破裂することがありますのでご注意ください。

2.その他の方法として、ドライヤーの温風を凍結した部分に当てる、室内であれば暖房を入れて部屋を暖める、カイロなどの低温の暖房部材を凍結した部分に当てる等があります。


漏水した場合の対応

指定給水装置工事事業者へ修繕を依頼してください。
・・・町内の指定給水装置工事事業者・・・
◇煖エ工務店  ☎75-2086
◇佐藤管工業  ☎72-2191
◇ウマイヤ商店 ☎72-2275
◇梅津商店         ☎72-2155



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/地域整備課 上下水道室

TEL/0238-87-0515