ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 商工観光課 > 羽越災害

飯豊町を知る

飯豊町を知る
町の環境
白川ダム
羽越災害

昭和42年8月28日の早朝から山形県中南部に降り出した雨は、29日昼頃までの約30時間の連続雨量は中心域で700_を越え、400_以上の雨域は小国町を中心に東西45`、南北55`と推定された。
 荒川流域及び最上川流域は未曾有の大洪水に見舞われ、置賜地方全域から村山地方にかけて死者・行方不明者8人、家屋の流失・損壊2,203戸、床上下浸水14,269戸、被災者79,000人、及び耕地の決壊・流失等の大災害をもたらした。
 羽越豪雨以降、災害の経験から白川ダム建設に同意の方向が固まり、現在に至っている。

羽越災害の様子



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/商工観光課 観光交流室

TEL/0238-72-2111(内線:265・266)