ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 商工観光課 > 飯豊山穴堰

飯豊町を知る

飯豊町を知る
町の環境
白川ダム
飯豊山穴堰

 飯豊山穴堰は、飯豊山の雪解け水により、水量の多い荒川の上流玉川(小国町)の水を白川へ疏水し、水量が少なく、常時水不足に悩まされている小松・高豆蒄・黒川・高山村と、奥田村(いずれも現川西町)とその下流地帯までに水を引くために、奥田村の肝煎横山平左衛門がこの構想を思いついた。時は寛政(1789〜1801年)の初期であった。
 黒井半四郎らによる現地調査が寛政10年(1798年)に行なわれ、翌年から工事が始まった。標高1,538bの高山での作業は、7月末から10月半ばの約2ヶ月しか期間がなく、初年は約3.5mほど掘進した。
 完成は文政元年(1818年)で、20年を要したが期間中大倹約令などで5年間工事を中断したので、正味15年の工事期間であった。隧道の長さは実測で147.70m、総費用は4,029貫425文で、現在価格で約5,400万円を要したことになる。
 穴堰の開削によって白川にもちこまれた水が、下流の各堰にどのような割合で取水されたか、これを明確に語る資料はないが、飯豊山から穴堰を通過してこの盆地に入った水は、その恩恵を白川水系に広くもたらした。
 なお穴堰は、昭和31年11月に山形県指定文化財(史跡)となっている。

穴堰の入り口・内部

幹線用水路と穴堰絵図



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/商工観光課 観光交流室

TEL/0238-72-2111(内線:265・266)