ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 教育委員会 > いいで天文台の利用案内

教育と文化

教育と文化
文化・芸術
いいで天文台
いいで天文台の利用案内

平成18年10月、公開型の天文台として設置した いいで天文台。地元の小学生が名づけてくれた愛称は「キラキラドーム」。 子どもたちの宇宙や未来への夢を乗せてスタートします。


天文台は宇宙へのとびら
すばるの写真  大小のクレーターや放射状に広がった光の筋、土星の輪や木星とその衛星など、はじめて見る月や天体の姿に、きっとだれもが感動し感嘆の声をあげることでしょう。天文台の公開をとおして、子どもたちや多くの人たちに「星空との語らい」を届けます。

天の川とゆりの物語
 ギリシャ神話には、女神ヘラの乳が天の川(ミルキーウェー)となり、地上に落ちたしずくが白ゆりの花になったという物語が残されています。
 町の花はゆり。天空に明滅する星々から降り注ぐ光と、田園の地に咲き競う白ゆりの花が奏でるメロディーは、時空を越え、私たちを夢とロマンの世界へと誘います。

天文台の設備
40センチメートル反射望遠鏡  1階、準備室には、2種類の移動式望遠鏡を備え付けています。
 また、事前学習に利用できるよう、パソコンとモニタを設置しています。望遠鏡でとらえた映像をリアルタイムに映し出すことも可能で、身体の不自由な方にも一緒に宇宙の神秘に触れられるよう配慮しています。
 2階、観測室の円形ドームは直径5m。観測室のほぼ中央に鎮座する大型望遠鏡は、口径40cmカセグレン式反射望遠鏡です。コンピュターで望遠鏡とドームを制御し、見たい星を自動導入できるシステムとなっています。
 さらに、3種類の小型望遠鏡≪10cm折望遠鏡、太陽専用望遠鏡、アストロカメラ≫を同架し、様々な観測にも対応できます。

ご利用案内(2018年度版)
一般公開 ★毎週土曜日(4月〜11月)19時00分〜21時00分
 ==申込み不要、当日受付20時30分まで==
※ただし、悪天候(全天曇り/雨/強風)時は公開を中止します。
※また、その他の理由により公開を中止する場合があります。
予約公開 ★事前の予約による公開【個人、家族、団体、グループ不問】
※日中または夜間の利用は、事前予約により可能な限り公開します。
※日時などは、希望を伺い相談のうえ決定します。
特別公開 ★月食、惑星現象、星食などの天文現象があるときなどに公開
・5月3日〜4日…太陽・金星の観察(日中13時00分-15時00分)、春の星座(夜間19時00分-21時00分)
・7月28日…皆既月食と日の出(早朝3時00分-5時00分)
・7月31日…火星大接近(夜間19時30分-21時00分)
・8月1日〜7日…スターウィーク〔夏の1週間、毎日天文台を公開〕
イベント ★天文台PR等のイベント開催予定
・7月29日〜8月7日…天体写真展(町民総合センター)
 ……天文台や町内で撮影した天体写真や星景写真などを展示予定
・10月下旬…宇宙とあそぼう〔中部地区文化祭にあわせて天文台公開〕
・時期未定…自然を学ぶ講座
※くわしくはチラシ等にてご案内します。
教室 ★地域に出向いて「星空教室」などを開催
 ……天体望遠鏡や様々な学習コンテンツを使用し、星空に親しむ機会を提供します。
★こども天文クラブ(5月中旬〜10月)…会員登録/参加自由
 ……期間中、5〜6回のクラブ活動を予定しています。
※くわしくはチラシ等にてご案内します。
その他 【天体写真撮影】
・予約公開時には天体写真撮影も可能です。
・準備のため事前に相談ください。
【4次元宇宙シアター上映】〜中部地区公民館内
・利用については、事前に相談してください。
【施設の閉鎖】
・12月〜3月の冬期間は、原則施設を閉鎖します。

2018年4月天文台公開案内チラシPDFファイル(210KB)このリンクは別ウィンドウで開きます


利用料金(入館料)
個人 団体
中学生〜一般 200円 150円
小学生 150円 100円
小学校就学前児童 無料 無料

利用ガイド
いいで天文台外観  星空案内人によるガイドで、星座や天体の説明を受けながら、望遠鏡や双眼鏡を使って星空を観望します。



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/社会教育課 生涯学習振興室/いいで天文台

TEL/0238-72-3111(生涯学習振興室)
0238-87-1758(いいで天文台)