ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 住民税務課 > 国民年金保険料の後納制度

住まいと暮らし

住まいと暮らし
国民年金
年金制度
国民年金保険料の後納制度
【納め忘れた保険料を納付できる後納制度が平成30年9月30日で終了します】

 国民年金制度は、20歳〜60歳に到達するまでの40年の間に国民年金保険料を納めることで老齢基礎年金を満額受給することができます。
 しかし、保険料を納めなかった期間がある場合や、資格取得などの届け出忘れにより国民年金の資格期間がない場合は、将来の年金受給額が少なくなったり、年金が受給できなくなったりすること(保険料納付や免除承認などの期間の合計が25年(300月)未満の場合)があります。
 後納制度とは、時効で納めることができなかった国民年金保険料について、平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年分まで納めることができる制度です(本来、国民年金保険料は2年を経過すると時効により納付することができません)。この制度を利用すれば、将来の年金額を増やすことができます。
 この5年の後納制度」を利用するには、平成30年9月28日までに最寄りの年金事務所で申込み手続きを行っていただく必要があります。
※過去10年にさかのぼって納付することができる「10年の後納制度」は、平成27年9月30日をもって終了しています。
◎詳細はこちら(後納制度周知用リーフレット)PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます 


【「5年の後納制度」を利用できる方】

(1)20歳以上60歳未満で、国民年金第1号被保険者期間に未納期間がある方
(2)60歳以上65歳未満で、国民年金任意加入被保険者の期間に未納期間がある方
(3)65歳以上70歳未満で、国民年金特例任意加入被保険者の期間に未納期間がある方
※老齢基礎年金を受給している方は、後納制度は利用できません。


【後納保険料を納付するには】

● 後納保険料を納付するには、「国民年金後納保険料納付申込書」に必要事項を記入のうえ、年金事務所に提出してください。
● すでに老齢基礎年金を受給している方や受給権をお持ちの方(老齢基礎年金の満額である480月、又は65歳以上で受給資格を得られる300月を満たしている方)は、後納制度の利用はできません。
国民年金後納保険料納付申込書PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます
申込書記入例・注意事項PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます


【問い合わせ(申込み先)】

● 制度についての問い合わせ
● 申込書の提出先
  米沢年金事務所
  所在地:〒992−8511 山形県米沢市金池5−4−8
  TEL: 0238-22-4220

● 納付書・納付方法についての問い合わせ
  国民年金保険料専用ダイヤル
  TEL: 0570-011-050

※後納制度の申込みは、役場窓口ではお受けできません。



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/住民税務課 住民室

TEL/0238-87-0511(直通)