ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 住民税務課 > (国保)医療費が高額になったときは?

住まいと暮らし

住まいと暮らし
国民健康保険・医療
高額療養費
(国保)医療費が高額になったときは?
■高額療養費とは
 
 国民健康保険に加入している人は、病気やけがをしてお医者さんの診療を受けると、かかった医療費の3割(70歳以上の方は1割〜3割、小学校入学前児童は2割)を窓口で支払います。この窓口で支払った金額を自己負担額といいます。
 もし、この自己負担額が高額になってしまったとき、自己負担限度額を超えた分が、申請により払い戻される制度を「高額療養費制度」といいます。自己負担限度額は、年齢・所得区分によって異なります。
 なお、飯豊町国民健康保険では高額療養費に該当した方に「高額療養費の支給申請について(お知らせ)」をお送りしています。

高額な医療を受けるときは『限度額・減額適用』申請をしましょう

 入院した時や外来で自己負担額が高額になりそうな時は、事前に『限度額適用認定証』等の申請をしてください。医療機関に被保検証と一緒に提示することにより、窓口での支払いが下記表の自己負担限度額までになります。

■70歳未満の方
1か月間の自己負担限度額(外来と入院は別計算)
適用区分 自己負担限度額(月額)
外来・入院それぞれ
【入院時食事代・差額ベット代等は除く】
食事代(1食)
基礎控除後の所得(※1)
901万円超
医療費が842,000円を超えた場合
252,600円+(医療費の総額−842,000円)×1%
多数回140,100円(※2)
460円
(※3)
基礎控除後の所得(※1)
600〜901万円
医療費が558,000円を超えた場合
167,400円+(医療費の総額−558,000円)×1%
多数回93,000円(※2)
基礎控除後の所得(※1)
210〜600万円
医療費が267,000円を超えた場合
80,100円+(医療費の総額−267,000円)×1%
多数回44,400円(※2)
基礎控除後の所得(※1)
210万円以下
(住民税非課税世帯を除く)
57,600円
多数回44,400円(※2)
住民税非課税世帯 90日までの入院 35,400円
多数回24,600円(※2)
210円
過去12か月で90日を越える入院 160円


(※1)基礎控除後の所得とは、前年の総所得金額等から33万円を差し引いた金額を示します。
(※2)過去12ヶ月以内に3回以上、自己負担限度額に達した場合、4回目以降は「多数回」該当となり限度額が下がります。
(※3)指定難病や小児慢性特定疾患の方または平成27年4月1日以降から継続して精神病床に入院している方は、260円になります。


■70歳以上の方
1か月間の自己負担限度額(外来と入院は別計算)
適用区分 自己負担限度額(月額) 食事代(1食)
外来(個人ごと)
外来+入院(世帯ごと)
【入院時食事代・差額ベット代等除く】
現役並み 住民税課税所得
690万円以上【V】
252,600円+(医療費の総額−842,000円)×1%
多数回 140,100円(※2)
460円
(※3)
住民税課税所得
380万円以上690万円未満【U】
167,400円+(医療費の総額−558,000円)×1%
多数回93,000円(※2)
住民税課税所得
145万円以上380万円未満【T】
80,100円+(医療費の総額−267,000円)×1%
多数回44,400円(※2)
一般 住民税課税所得
145万円未満
18,000円
≪年間上限(※1)
144,000円≫
57,600円
多数回44,400円(※2)
住民税非課税世帯 低所得U 90日までの入院 8,000円 24,600円 210円
過去12か月で90日を越える入院 160円
低所得T(年金収入80万円以下など) 15,000円 100円


(※1)一般区分の1年間(8月〜翌7月)の外来の自己負担額の合計額に、年間上限額を設けるものです。
(※2)過去12ヶ月以内に3回以上、自己負担限度額に達した場合、4回目以降は「多数回」該当となり限度額が下がります。
(※3)指定難病や小児慢性特定疾患の方または平成27年4月1日以降から継続して精神病床に入院している方は、260円になります。


≪限度額・減額適用申請に必要なもの≫
・ はんこ(認印)
・ 国民健康保険証
・ マイナンバーカードまたは通知カード

■長期入院該当について
 70歳未満で住民税非課税世帯の方、70〜74歳で上記表の低所得Uの方は、過去1年間の合計入院日数が90日を超えた場合、申請することで食事代が減額されます(長期入院該当)。
 申請をした日の翌月の初日から長期入院該当となります。入院期間がわかるもの(領収書など)、被保険者証、すでに交付された「限度額適用・標準負担額減額認定証」、はんこをご持参のうえ申請してください。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/住民税務課 住民室

TEL/0238-87-0511(直通)