ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 住民税務課 > ひとり親家庭医療制度とは

住まいと暮らし

住まいと暮らし
子育て
ひとり親家庭医療制度
ひとり親家庭医療制度とは

■ ひとり親家庭等医療給付制度 ■

 ひとり親家庭の生活の安定と自立の促進のため、医療費自己負担分を県と町
 で助成しています。助成を受けるためには、医療機関の受付でひとり親家庭
 等医療証を保険証と一緒に提示する必要があります。
 平成22年7月1日より、母子家庭に加えて父子家庭も対象となりました。


医療証交付の手続き

 医療証の交付を受けるには、申請が必要になります。
 保険証と印鑑をお持ちの上で、役場住民税務課窓口で申請を行ってください。


■ 資格対象者 ■

 ・母子家庭世帯の親と18歳以下の児童
 ・父子家庭世帯の親と18歳以下の児童
 ・両親のいない18歳以下の児童
  ※1 母子家庭や父子家庭の場合は、親が就労等により児童を扶養して
     いることが条件となります。
     (ただし、別記に記載されているような特別な理由により就労が
      困難な場合は対象になります。)
  ※2 以下の方は対象となりません。
     ・所得税が課税されている方及びその方に扶養されている児童
     ・生活保護を受けている方
     ・児童福祉施設措置費対象施設に入所している児童及びその保護者


■ 所得制限 ■

 親の収入及び所得税の有無によって、該当・非該当が判定されます。


■ 窓口負担について ■

 保険適用分の医療費が無料になります。
 (入院時の食事代や保険外の医療費については自己負担となります。)


■ 医療証の更新 ■

 1年に1回更新があります。医療証の期間は7月1日から翌年の6月30日までです。


■ 県外で受診した場合 ■

 ・県外で受診した場合は、領収書、保険証、医療証、通帳、印鑑をご持参の上、
  支給申請が必要です。

別記 1) 求職活動または就労に向けた活動を行っている場合
2) 職業能力の開発向上のために職業訓練校等に在籍している場合
3) 傷病により長期間(概ね1カ月以上)の在宅での安静または入院が必要な場合
4) 親族が傷病、障がいの状態または要介護状態にあり、その方の介護を行わなければならない場合
 上記1)〜4)に該当する場合は、申請書の他に証明書類等が必要です。詳しい手続きについては、下記にお問い合わせください。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/住民税務課 住民室

TEL/0238-87-0511(直通)