ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 健康福祉課 > 周りの人が気づくうつ病のサイン

福祉と健康

福祉と健康
健康づくり
心の病
周りの人が気づくうつ病のサイン

家族や職場で身近に「うつ病では?」と心当たりのある人はいませんか?
普段の表情や行動と違って、特有の症状が見られるようになったらうつ病の可能性があります。
 
◆ うつ病のサイン

表情 ・表情が暗い、硬い
・無反応
体調 ・元気がない
・睡眠不足
・フラフラしている
・やせた、体重が落ちた
感情 ・落ち込みやすい
・気分にむらがある
・イライラする
・焦っている
・好きな趣味などに無関心になる
行動 ・仕事や家事などでミスが増える
・能率が悪くなる
・欠勤や遅刻が増える
・自分を責める
・口数が減る
・会話を避ける

本人は気づいていないこともあります。
ただの体の不調だと思い、悪化していくこともあります。
医療機関の受診が大切ですが、本人が拒否したり認めなかったりする場合もあります。
判断に迷うときは、相談窓口に相談しましょう。

◆ 周りの人の理解が大切です
うつ病は、脳内の神経伝達物質のバランス異常が起こす病気です。病気には専門家の治療が必要です。
気の持ちようで元気になることはありません。
うつ病を抱えた人は、「甘えている」「怠けてる」のではないことを理解しましょう。

うつ病について

◆ 周りの人ができること

・病気の症状、治療など正しく理解する
・うつの人を焦らせない、自分が焦らない
・励まさない
・治療が終わっても再発の恐れがあるので、無理はさせない
・自殺の危険は少なからずあるので注意する

特に禁句として以下の言葉があります。
「もっと辛い思いをしている人がいる」
「○○に行けば楽しいよ」
「あなたのためにしているに」
「気合が足りない」
「頑張って」


◆ 自殺の防止
自殺の動機で「うつ病」は最多です。
うつ病は自殺の恐れがいつもあることを認識しましょう。
自殺する人の多くは、「死にたい」気持ちの逆に「生きたい」気持ちも強いと思われます。
最悪の結果にならないように、決して楽観しないでください。
自殺の予防について

◆ 相談窓口
町健康福祉課 86−2230

こころの健康に関するご相談窓口



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/健康福祉課 健康医療室
      山形県西置賜郡飯豊町大字椿3654-1番地

TEL/0238-86-2338(健康福祉課)    FAX/0238-86-2230