ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 健康福祉課 > 家庭の食中毒を予防しましょう

福祉と健康

福祉と健康
健康づくり
感染症予防
家庭の食中毒を予防しましょう

 
食中毒は腐敗ではないので、原因の細菌やウィルスが付着しても、「味」「色」「におい」に変化はありません。
食中毒を予防するには、3つの原則があります。
 


・食中毒の種類については、以下のページをご覧ください。
食中毒の種類と流行を知りましょう
・ノロウイルスについて
ノロウイルス感染を予防しましょう
 
食中毒の種類により予防の方法はありますが、食品の取り扱いの注意点は共通しています。
食品の「購入」「保存」「調理」と、食事に関して以下のポイントを守るようにしましょう。

◆ 食品の購入

☆新鮮なものを購入しましょう
 ・肉や魚などは変色やドリップがないもの
 ・消費期限や賞味期限を確認する

☆買い物はこまめにしましょう
 ・必要な食品だけを購入

◆ 食品の保存

☆食品に適した保存をしましょう
 ・生鮮食品は冷蔵または冷凍
 ・ラップやビニル袋に小分けして保存
 ・ドリップが他の食品に付かないようにする

☆正しい保管方法でも菌が発生します
 ・早めに使い切る

◆ 食品の調理

☆手洗いは菌の増殖、感染を防ぎます
 ・調理の始め、調理の途中、適時に手を正しく洗う

☆調理器具を清潔に保ちましょう
 ・生ものを扱った包丁、まな板、ボウルなどはよく洗浄、消毒をする
 ・煮沸消毒がおすすめ

☆食品の解凍は電子レンジや冷蔵庫で行いましょう
 ・常温での自然解凍は避ける
 ・解凍した食品は、再冷凍しない

☆食肉はしっかり火を通しましょう
 ・カンピロバクターは不完全な加熱が原因
 ・電子レンジの加熱はむらが残るため、数回かき混ぜて加熱する

☆適量の調理をしましょう
 ・一度に大量に作り置きすると、菌が繁殖しやすくなる
 ・食べきれる量を考える
 
◆ 食事

☆菌の感染を防ぎましょう
 ・手洗い
 ・清潔な布巾でテーブルをふく
 ・焼肉などその場で調理する場合、生ものを扱う箸は別にする
 ・食べきれない料理は、ラップなどをして冷蔵

☆残り物やカレーなど時間をおいて食べるものはしっかり再加熱
 ・しっかり中心まで加熱する
 
◆ お問い合わせ
町健康福祉課 健康医療室 86−2338



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/健康福祉課 健康医療室
      山形県西置賜郡飯豊町大字椿3654-1番地

TEL/0238-86-2338(健康福祉課)    FAX/0238-86-2230