ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 健康福祉課 > メタボリックシンドロームを予防・改善しよう

福祉と健康

福祉と健康
健康づくり
生活習慣病予防
メタボリックシンドロームを予防・改善しよう

◆ 内臓脂肪は減らしやすい
内臓脂肪は皮下脂肪に比べ、たまりやすく減らしやすい特徴があります。
内臓の近辺にある脂肪は、内臓機能の活発化によって燃焼しやすいので、比較的効果が表れやすいのです。
運動や食事などで生活を改善し、脱メタボ・メタボ予防しましょう。

◆ はつらつ教室を利用しましょう
町の健診などでメタボリックシンドローム、またはその予備軍と診断された方には、町で実施している「はつらつ教室」への参加をおすすめしています。
はつらつ教室について
 

身体活動には、運動と生活活動があります。
運動は積極的に体を動かすことで、生活活動は買い物や掃除などの日常生活の動作のことです。
メタボリックシンドローム対策には、運動を習慣化することが大切です。
基礎代謝をあげ内臓脂肪を落とし、脂肪がつきにくい体を目指しましょう。

あくてぃぶ倶楽部について
なでしこハウスのご案内」(高齢者対象)
 

現代の食生活は、急速な食の欧米化で脂質や糖質を過分にとりがちになっています。
また、夜間の食事や間食など不規則な食生活、朝食の欠食もメタボリックや肥満に繋がります。
1日3食、バランスよくしっかりと食べ、健康的にメタボ改善していきましょう

食育について
  

タバコの主成分「ニコチン」は、動脈硬化などを進行させ脳卒中や心疾患、肺がんなどのリスクを高める害があります。
メタボリックシンドロームの人はもとより動脈硬化のリスクが高い状態なので、禁煙はメタボ予防・
改善にとってとても重要です。
タバコは間接的に煙を吸ってしまう人にも悪影響を及ぼします。
家族のためにも自分のためにも禁煙を実行しましょう。

町国保診療所では「禁煙外来」を実施しています。
国保診療所禁煙外来のご案内
  

高血圧や高脂血症、糖尿病の治療の必要がある人は、医師の指示に従い薬を正しく飲みましょう。
薬によりコントロールできますが、食生活の見直しは必要です。
脂質や塩分、糖分を控えめにしましょう。
運動は症状によって制限がある場合があります。
薬は自分で勝手に止めたり、量を加減したりしないようにしましょう。
また、薬の飲み合わせによる危険もあるので、お薬手帳できちんと管理しましょう。

お薬手帳を持ちましょう
 
◆ 関連するページ
メタボリックシンドロームについて

◆ お問い合わせ
町健康福祉課 健康医療室 86−2338



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/健康福祉課 健康医療室
山形県西置賜郡飯豊町大字椿3654-1番地

TEL/0238-86-2338(健康福祉課) FAX/0238-86-2230