ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 健康福祉課 > 朝ごはんを食べましょう

福祉と健康

福祉と健康
健康づくり
食生活改善
朝ごはんを食べましょう

子どもでも大人でも朝ごはんは一日のスタートのエネルギー摂取に必要不可欠です。
体を動かす筋肉は、皮下脂肪を分解してエネルギーに変えますが、脳のエネルギーはブドウ糖です。
ブドウ糖は肝臓に蓄えられますが、一日の活動量としては不十分で補給できるのは食事のみです。
ことに朝食には、体と脳のためにもっとも重要な食事といえます。

残念なことに、飯豊町でも朝食を食べずに登園・登校する子どもたちがいます。
朝食欠食率統計(平成22年度調査)

幼児(幼稚園・保育園) 10%
小学生  6%
中学生 11%


町では、食育推進計画の数値目標として、平成25年度までにそれぞれの数値の半減を目指しています。
 
◆ 朝ごはんを抜く主な理由

理由 原因
食べる時間がない 夜更かしして起きられない
食欲がない 夜遅くに間食して空腹にならない
ダイエットをしている 食べないことでやせると思っている
食事を用意してくれない 保護者の問題


◆ 朝ごはんを食べないと

・勉強や仕事に集中できない
・力がでない
・立ちくらみがする
・イライラしやすくなる
・便秘になりやすくなる
・太りやすくなる
などの症状が出ます。
朝食の欠食は、身体の健康や成長の妨げ、成績の低下など大きな影響が考えられます。
保護者が子どもの食生活を管理して改善しましょう。

◆ 中学生に多いダイエットを理由にした朝食抜き
「食べない=やせる」と安易に考え、朝食を抜く子どもが中学生にいます。
それは大きな誤解です。


◆ 朝食には炭水化物を
脳のエネルギーになるブドウ糖は様々な食品に含まれますが、ごはん、パンなどの主食に多く含まれます。
そのほかに肉や魚、卵などのたんぱく質類、野菜や果物などがあれば完璧な食事です。
朝起きられない、朝ごはんを食べる時間がない人には、おにぎりがおすすめです。



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/健康福祉課 健康医療室
      山形県西置賜郡飯豊町大字椿3654-1番地

TEL/0238-86-2338(健康福祉課)    FAX/0238-86-2230