ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 健康福祉課 > DV(ドメスティックバイオレンス)について

住まいと暮らし

住まいと暮らし
健康づくり
心の病
DV(ドメスティックバイオレンス)について

DVは、直訳すると「家庭内暴力」という意味ですが、一般的には「配偶者(パートナー)からの暴力」のことをいいます。
男性から女性への暴力のイメージが強いのですが、近年は逆のケースも増えています。
 
◆ DVの種類


◆ DV防止法
「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(DV防止法)が平成14年から施行されています。
数回の改正があり以下のことが法律で定められています。
・国や地方公共団体はDVを防止し、被害者を保護する責任がある
・離婚した場合でも元配偶者からのDVも対象になる
・被害者とその子どもも保護命令の対象になる
・身体的な暴力だけではなく、精神的な暴力もDVとする

◆ DVは繰り返されます
突発的なけんかとは違い、DVはサイクルがある場合がほとんどです。

DVのサイクルが明確ではない場合もあります。
・日常的に暴力をふるう
・アルコールを飲むと暴力的になる
などもDVになります。

◆ DVの影響
◇身体的な影響
あざやけが、やけど、鼓膜の損傷、骨折、望まない中絶や妊娠など。
ひどい時は後遺症が残ったり、死亡したりします。
◇精神的な影響
自分を責める、孤独感、異性への恐怖心、自殺したくなるなど。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症することも多く、パニックや自殺衝動のほか、からだの震えや不眠、頭痛、下痢など身体的症状も表れます。
また、暴力が連鎖し子どもを虐待することもあります。
◇子どもへの影響
夜泣きや情緒不安定、不登校など。
暴力の場面を見るだけでも、子どもには大きなストレスになり、心身の発達に重大な影響を与えます。

◆ DVは気づかれにくい
◇DVの環境
DVは家庭内で行われます。
外出や交友関係などが制限されている場合も多く、周囲に助けを求められないまたは周囲が気づきにくい状態です。
◇DVに適応する
逆らったり、逃げ出したりした場合、さらに暴力が激しくなるため、反抗できなくなります。
暴力を振るわれ続けると精神的に追いつめられ、その環境に感受性を麻痺させることで適応します。
暴力を振るう相手の言いなりの行動をしてしまい、周囲に気づかれにくくなります。

◆ まずは相談しましょう
◇緊急時は
DVは犯罪です。緊急時にはためらわず110番しましょう。
緊急ではない場合の警察への相談は、長井警察署(84−0110)または飯豊交番(72−2245)に連絡しましょう。

◇町健康福祉課

◇配偶者暴力相談支援センター

※各窓口は年末年始や祝日を除く場合もあります。
◇音声案内

最寄の相談窓口を自動音声で案内します。

◆ DVを相談された場合
DVを受けている人から相談されたり、周りにDV被害を疑う人がいたりした場合、まず十分に話を聞いてください。
安易に直接的な問題の介入は控えましょう。DVには解決が難しい場合もあります。
・相談機関を調べ教える
・相談窓口に付き添う
・話し相手になる
など補助的な助けをしましょう。

◆ 若年化するDV
結婚前の交際中の男女にもDVが起こっています。
比較的軽いDVで、個人の性格として見過ごされやすいのですが、DVは悪化することも多く注意が必要です。
冷静になって関係を見直してみましょう。
・従わないと怒る
・電話やメールの返信などしないと怒る
・蔑む発言や暴言をする
・交友関係を指示する
・別れようとすると、自殺すると脅す
などの行為はDVまたはDVの兆候がある行為です。
親や友人、相談機関などに話してみることをおすすめします。

◆ お問い合わせ
町健康福祉課 健康医療室 86−2338



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/健康福祉課 健康医療室
      山形県西置賜郡飯豊町大字椿3654-1番地

TEL/0238-86-2338(健康福祉課)    FAX/0238-86-2230