ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > ワンストップ特例申請制度(寄附金税額控除に係る申告特例申請)について

飯豊町を知る

飯豊町を知る
飯豊について
ふるさと応援「いいでめざみの里応援寄附金」
ワンストップ特例申請制度(寄附金税額控除に係る申告特例申請)について

◆平成27年度税制改正等の詳細は
総務省ふるさと納税ポータルサイトをご覧ください。

ワンストップ特例申請にワードファイル(50KB)ついて


※ワンストップ特例申請書はこちらからダウンロードしてください。
 申請書に必要事項を記入し、押印のうえ、申請書を役場へお送りください。
  郵便料金は寄附者のご負担をお願いします。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(第55号の5様式)
PDFファイル(299KB)

※ワンストップ特例申請書を提出後に住所等に変更があった場合は、変更届出書に
 必要事項を記入し、押印のうえ1月10日まで役場へお送りください。

寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届(第55号の6様式)PDFファイル(107KB)


■ワンストップ特例申請にあたっては下記の事項を必ずご確認ください。

▼確定申告又は市・県民税の申告をされた場合、特例申請がなかったものとみなされます。
申告特例の対象はもともと確定申告をする必要のない給与所得者等です。医療費控除等により特例申請後に確定申告が必要となった場合は、特例申請がなかったものとみなされますので、確定申告の際にあわせて寄附金控除の手続きを行う必要があります。

▼特例が適用されるのは、寄附した自治体が5自治体以内であることが条件です。
 5自治体を越えて寄附した場合、特例申請適用の対象外となりますので確定申告が必要です。

▼寄附の度に申請書の提出が必要です。
ひとつの自治体に複数回寄附しても、特例制度上は「1自治体」と計上されますが、寄附をする度に申請書の提出が必要です。提出を忘れると、その分の控除が受けられません。

▼必要事項の記入・押印のない書類は受付できません。
提出の前に、申請書類をいま一度ご確認ください。

▼申請書の提出期限は寄附の翌年1月10日までです。
申請書の提出が期限までまにあわない場合は、確定申告により税額控除のお手続をお願いします。
※提出期限を過ぎての提出書類は受理しません。

▼マイナンバー制度の導入に伴い、平成28年1月1日から「ふるさと納税ワンストップ特例申請書」に個人番号の記載が必須となりました。番号確認と身元確認が必要ですので、申請書に以下の書類を添付してください。
      

■個人番号カードを持っている場合
 番号確認と本人確認のため、個人番号カードの写し(表と裏)を添付

■個人番号カードを持っていない場合
 番号確認の添付書類と本人確認の添付書類が必要となります。
 @通知カードの写し又は住民票(個人番号の記載あり)の写し等
 A本人確認の添付書類(下記の1又は2のどちらかが必要です。)
  1.写真表示があり、氏名、生年月日、または住所の記載があるもの
(例:運転免許証、パスポートの写し等、いずれか1点)
  2.氏名、生年月日又は住所が記載されているもの
(例:健康保険証、年金手帳又は児童扶養手当証書の写し等いずれか2点)

▼申請書を提出いただいた方には、飯豊町から独自の様式にて受付書を郵送します。申請受理の証拠として大切に保管してください。(12月中旬の一括発送を予定しています。)


寄附控除額等については、お住まいの自治体にご確認ください。



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課総合政策室

TEL/0238-87-0521