ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > にぎわいだより 平成22年度 第9号

飯豊町を知る

飯豊町を知る
町の活動
にぎわい再現プロジェクト
にぎわいだより 平成22年度 第9号
【第23回委員会での活動の様子です】

○日時:平成22年8月11日(水)午後7時〜

○場所:町民総合センター「あ〜す」

○委員会の内容

 1.「復刻版!椿劇場」について

 2.めざみの里まつりでの活動について


1.「復刻版!椿劇場」について

 7月31日〜8月1日に行なわれた「いいで未来号U」は、参加者の皆さんの積極的で熱意あふれる活動への参加により、たいへん有意義なもとなりました。

 今後は「いいで未来号U」での視察研修やグループ活動をもとに、交流の輪を広げながら引き続き「にぎわい」に向けた活動を行なっていくことが大切です。

 また、同時進行で進めなければならないのが、9月20日に開催することが決定した「復刻版!椿劇場」です。

 開催まであと1ヶ月あまり、急ピッチで準備を進めていく必要があります。

 本日の委員会では、本活動の実施に全面的に協力をいただけることとなった、町観光協会の方を交えて話し合いを行なうこととしました。

 町観光協会の方からは、「復刻版!椿劇場」をさらに盛り上げるため、また町内商店の活性化につなげていくことも見据え、新たな提案をいただきました。

 それが、「いいでの夜市(よいち)」(町観光協会主催)の同時開催です。

 「いいでの夜市(よいち)」とは、「復刻版!椿劇場」の会場に隣接する町道を歩行者天国にして、その町道に町内の商店などから出店者を募り、多くの出店(でみせ)を出店していただこうというものです。

 子どもの頃、お祭りといえば出店を楽しみにして行った方も多かったことでしょう。

 最近は、町内のお祭りでも出店を見る機会がめっきり少なくなり、あの何とも言えないワクワク感を知らない子どもも少なくありません。

 委員の皆さんからは、とてもよい企画なので、ぜひ実施いただきたいという意見が出され、「いいでの夜市(よいち)」を同時開催することが決まりました。

 
2.めざみの里まつりでの活動について

 音楽系では年度当初から、昨年実施した「にぎわいカフェ」のようなものを、町内で一番大きなお祭り「めざみの里まつり」でも実施することを計画していました。

 9月4日の開催まで期日も迫ってきたので、具体的な活動とその準備について音楽系の委員から提案をいただきました。

 「めざみの里まつり」では、会場内にテント2張りを設置しながら「にぎわいテント」として活動を行います。

 「にぎわいテント」では、来場した方が自由に休憩できるスペースを設けるとともに、テント内には「いいで未来号U」の活動を展示して、来場した方に見ていただくことが決まりました。

 テント内では、合わせて「飯豊町クイズ」の「子ども版」を用意して、来場する子ども達がクイズに挑戦しながら、町のことを知る機会をつくることも決定しました。

 また、会場内で「ドラムサークル」を実施して、音楽に触れる機会も設けることとなりました。

 昨年の「にぎわいカフェ」とは一味もふた味も違う「にぎわいテント」、他系の委員からもアイデアをもらいながら、たくさんの方でにぎわえるよう準備を進めていきます。


 ※ 引き続き、下記の【第24回委員会の様子】をご覧ください

【第24回委員会での活動の様子です】

○日時:平成22年8月24日(火)午後7時〜

○場所:町民総合センター「あ〜す」

○委員会の内容

1.「にぎわいテント」について

 本日の委員会では、前回に引き続き「にぎわいテント」について話し合いを行ないました。

 本日の話し合いでは、「にぎわいテント」をもっと魅力的なものにするため、委員の皆さんからさまざまな意見が出され、「にぎわい再現」の「のぼり旗」を作成して「にぎわいテント」を飾り付けることや、「飯豊町クイズ」に挑戦した子ども達には、駄菓子をプレゼントすることなどが決まりました。

 また、準備を含め具体的なスケジュールや進め方などについても確認を行いました。

 まもなく「にぎわいテント」の開店です!


「にぎわいだより」トップへ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/産業振興課プロジェクト推進室

TEL/0238-72-2111(内線:252)