ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > にぎわいだより 平成21年度 第13号

飯豊町を知る

飯豊町を知る
町の活動
にぎわい再現プロジェクト
にぎわいだより 平成21年度 第13号
【第11回委員会の様子】


○日時:11月9日(火)午後7時〜

○場所:NPO法人いいでいい住まいづくり研究所 モデル住宅

○委員会の内容

 今回の委員会では、以下について話し合いました。

  1.今後の委員会の進め方について


 本日は第10回の委員会に引き続き、今後の委員会の進め方や活動計画について話し合いました。

 これから委員会でどのような活動を行っていくかを考える上で、参考となるのが「いいで未来号」での語り合いで出された「飯豊町の夢」です。

 今年7月に行われた「いいで未来号」での話し合いでは、イベントやみんなの集まれる場所、子育てや医療、買い物に便利なショッピングモールや働く場を作るための企業誘致まで、多岐にわたる分野に様々なアイデアが出されました。

 自分にとっての「にぎわい」、子ども達にとっての「にぎわい」、若者が考える「にぎわい」、お年寄りが思う「にぎわい」、商店の「にぎわい」、地域の「にぎわい」、そして町の「にぎわい」、人それぞれの状況や考えによって、「にぎわい」の意味も異なってきます。

 話し合いを進めていくうち、委員会にとっての「にぎわい」とは何だろうという疑問が浮かんできました。

 委員の皆さんも、自分なりのイメージは持っていても、委員会としての「にぎわい」については、これまで話したことがありませんでした。
 
 そこで、委員の皆さんがイメージする「にぎわい」を自由に出し合い、ホワイトボードへ書き出していきました。

 委員の皆さんからは、「にぎわいには『笑顔』」が必要だろう」、「一人だけでは、にぎわいにならない。みんなが集まって『交流』することも大事だよね」、「にぎわいのためには、『安心』して暮らせる環境がないと」など、「にぎわい」に必要なキーワードが次々に出されました。


 次に、出された「キーワード」を似たもの同士にまとめ、見やすく整理してみました。

 ホワイトボードに整理してみると、委員会としての「にぎわい」が、だんだん見えてきました。

 今後の活動を行っていくうえでの計画作りに、一歩前進です。

 次回も、活動計画について引き続き話し合いを行っていきます。


「にぎわいだより」トップへ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/産業振興課プロジェクト推進室

TEL/0238-72-2111(内線:252)