ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > 飯豊型ペレットストーブ

飯豊町を知る

飯豊町を知る
町の環境
環境に優しい暮らし
飯豊型ペレットストーブ

飯豊町では、木質ペレット燃料の製造や、山形大学、株式会社山本製作所(天童市)との産学官連携により「飯豊型ペレットストーブ」の開発に取り組み、再生可能エネルギーの普及促進と、持続可能な循環型社会の構築を目指しています。


飯豊型ペレットストーブ
■型式 PS-711Fl
■暖房出力 最大 7.0kW/最少 2.5kW
■安全装置 耐震自動消火装置・過熱防止装置・点火安全装置・燃焼制御装置
 
 

●「円状ロストル」
 山形大学が発明した、珍しい「円状ロストル」を採用。渦上の炎を楽しむことができます。

●「着火」「消火」もボタンひとつ
 本体上部の操作パネルで着火も消火も自動で行えます。「おはようタイマー」で、寒い冬でも暖かい朝を迎えられます。

●温風足元吹き出し
 温風は100%足元吹き出し。効率よく部屋中を暖めます。ヒーター同様に温風をダクトでこたつに入れることもできます。

●高気密住宅対応・FF式ストーブ
 給排気方式=FF式で、高気密住宅にも安心して設置できます。

▼飯豊型ペレットストーブについての詳細はこちらPDFファイル(1540KB)をご覧ください。

▼飯豊型ペレットストーブ 平成25年度説明会チラシ(7月開催)PDFファイル(890KB)

▼報道:飯豊型ペレットストーブの完成について 山形新聞(平成24年3月25日)PDFファイル(207KB)



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課総合政策室

TEL/0238-72-2111(内線:228)