ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > 9月の出来事

飯豊町を知る

飯豊町を知る
飯豊町について
飯豊町の今
9月の出来事

第23回東北地区牛削蹄競技大会

削蹄競技の様子  9月1日、鰍ネがめやま牧場(添川)を会場に、東北地区牛削蹄競技大会が開かれました。主催は東北地区削蹄師会。削蹄とは、牛の蹄の長さを整える技術のことで、牛の健全な育成に寄与します。東北6県から牛削蹄師25名が出場し、その技術を競いました。開会式であいさつした後藤町長は、「風評被害を乗り越え、東北地方が一つとなって畜産を盛り上げていきましょう」と産地間の連携を呼びかけました。

ミュージックワークショップ

ミュージックワークショップの様子  9月4日、町民総合センター「あ〜す」でミュージックワークショップが開かれました。講師は、作詩家・村田さち子先生と、歌のお兄さん・お姉さんとしてテレビで活躍中の日向理先生岡野綾先生。町内外から親子など72名が参加し、絵本『ありんこアリー』を題材にミュージカルを練習しました。講師陣から「体全体を使って役を表現しましょう」と指導があり、参加者は伸び伸びと演じていました。

中ふれあいおまつり広場

中ふれあいおまつり広場の様子  9月10日、「中ふれあいまつり広場」が、中地区の若乃井酒造椛Oで開かれました。中祭り保存会(渡部巌会長)が、若宮八幡神社例大祭に合わせて開催。金魚すくいや射的など昔ながらの屋台を再現したほか、地元産農産物直売、乗馬体験も行われました。東日本大震災で町内に避難している人たちも招待され、会場は多くのお客さまでにぎわいました。渡部会長は「地域のみんなの協力で、中地区の元気を発信することができました」と企画の成果を話してくださいました。

うめぜ! 庄内のごっつお教室in飯豊

庄内のごっつぉ教室の様子  9月11日、中部地区公民館で、「うめぜ! 庄内のごっつお教室」が開かれました。庄内浜で捕れる旬の地漁とそのおいしさを広く知ってもらおうと、「庄内浜文化伝道師協会」が企画。約30名が参加し、日本料理店の料理長や水産物販売担当者の“伝道師”から、魚のさばき方など魚料理の手ほどきを受けました。参加者は、サワラの刺身やマコガレイの煮付けなどの料理に挑戦し、庄内浜の海の幸を楽しみました。

歴史街道・十三峠観光資源活用事業「ガイド養成講座」

米沢越後街道十三峠、観光ガイド講座の様子  9月13日、西部地区公民館で、越後米沢街道・十三峠の観光ガイド養成講座が開かれました。置賜の歴史に詳しい井上俊雄さん(手ノ子)が講師を務め、街道のルーツや果たしてきた役割などを、歴史上の出来事や時代背景と照らし合わせながら解説。この講座は、「越後米沢街道・十三峠交流会」事務局のNPO法人ここ掘れ和ん話ん探検隊(小国町)が企画し、所属団体や関係者など約30名が参加しました。

復刻版 椿劇場2011

復刻版椿劇場、ウルトラクイズの様子  9月19日、椿地内の特設会場で、「復刻版 椿劇場2011」が開かれました。昭和35年まで営業していた娯楽施設「椿劇場」のかつてのにぎわいを再現させる催しで、今年で2回目。中獅子踊り披露や巨大スクリーンでの映画上映、屋台が並ぶ夜市などが行われ、雨にもかかわらず多くのお客さまが来場されました。「にぎわい再現プロジェクト委員会」が企画したクイズ大会には、豪華景品を目指して多くの方が参加し、町にまつわる問題にチャレンジしました。

先月へ                                               翌月へ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課総務情報室

TEL/0238-72-2111(内線:222)