ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > 6月の出来事

飯豊町を知る

飯豊町を知る
飯豊町について
飯豊町の今
6月の出来事

手ノ子地区協議会「ホタルの楽校」開所

ホタルの楽校  6月1日、手ノ子地区内にあるホタルの群生地そばに「ホタルの楽校」が開所しました。ホタルを生かした地域づくりに取り組む手ノ子地区協議会(井上俊一会長)が、町内外の人が気軽にホタルに親しむ場所として設置。施設内にはホタルの生態を知るパネルや写真などを展示。さらにホタルの飛び交う期間中、同会の役員の方が交替で「ホタルガイド」を務める活動も始め、地域内外の関心を集めました。

「MSG」東日本大震災チャリティーライブ

チャリティーライブの様子  6月11日、岩倉地区で「MSG東日本大震災チャリティーライブがありました。同地区の伊藤和憲さんが親交のあるロックバンド・MSGを招き、その収益金を被災地へ送ることを発案。地区内外から趣旨に賛同した人など約70名が来場し、力強い演奏に耳を傾けました。ライブの中で伊藤さんは、「自粛するだけではなく、元気を発信していくことも大切と考え企画しました」とあいさつし、会場に駆けつけた後藤町長へ集まった義援金を手渡しました。

眺山牧場まつり

眺山牧場まつりの様子  6月12日、眺山小動物公園を会場に、「眺山牧場まつり」がありました。地域の“にぎわい再現”を目的に飯豊東部地区活性化協議会が企画。わらび園の無料開放や小動物ふれあい、餅の振る舞いなどが行われ、町内外から親子連れなどのお客さまでにぎわいました。同会の小松謹嗣会長(添川)は、「東部地区の観光資源を最大限に生かして活性化を図っていきたい」と今後の取り組みに意欲を話してくださいました。

グリーンアスパラガス料理研究発表会

アスパラガス試食会の様子  6月15日、農家レストランエルベで、グリーンアスパラガス料理研究発表会がありました。アスパラガスの新たな料理方法を学び、消費拡大に生かそうと町アスパラガス栽培出荷組合女性部が企画。生産者など約12名が参加し、同レストランのシェフが考案した料理11品目を試食しました。同会の世話人・伊藤幸子さん(萩生)は、「町のアスパラガスは甘くて評判。多くの方に食べてもらい」と話してくださいました。

教職員救急講習

救急救助訓練の様子  6月15日と16日にかけ、町民プール(小白川)で、「教職員救急講習」が行われました。夏の水難事故から子どもの命を守ろうと、消防署飯豊分署が企画。町内小中学校と幼児施設の職員約85名が参加し、心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)を使った訓練を実施。指導にあたった町応急手当普及員の方からは、「事故が起きたときは、速やかな119番通報と的確な応急手当が重要」との呼びかけがありました。

中部地区の有志が集い被災地でボランティア

被災地ボランティア活動の様子  6月26日、中部地区の有志が集い、東日本大震災の被災地・宮城県石巻市でボランティアを行いました。中部地区公民館が主体となって募り、地区内から女性2名を含む14名が参加。住宅地の側溝約60b間の汚泥除去に汗を流しました。呼びかけ人の同館の嘉藤幹夫館長は、「少しでも被災地の役に立てればと思い企画しました。テレビで見る以上に被害の大きさを実感し、一日でも早い復旧を願うばかりです」と被災地へ思いを馳せられていました。

先月へ                                               翌月へ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課総務情報室

TEL/0238-72-2111(内線:222)