ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > 4月の出来事

飯豊町を知る

飯豊町を知る
飯豊町について
飯豊町の今
4月の出来事

中津川小中学校に新たな仲間が転入学

入学式で新しい仲間を紹介している風景 4月から中津川小中学校では、新しい仲間が転入学しました。山村留学生の鹿田真吾くん(埼玉県川口市・小学4年)と東日本大震災により中津川地区に避難している草野洸都くん(福島県飯館村・小学5年)の2人です。また、昨年度から山村留学している野口龍太くん(川口市・中学3年)も、さらに1年間の留学延長を決めました。野口くんは「勉強はもちろんですが、生徒会長として学校生活を盛り上げていけるようにがんばります」と決意を話してくれました。

農家レストランエルベが避難者を夕食に招待

招待した避難者に声をかけるシェフ 4月9日から22日にかけて、農家レストランエルベでは、東日本大震災で町内に避難されている方約200人を夕食に招きました。メニューは、フキノウトウの天ぷらやアスパラ菜のピザ、つや姫のリゾットなど地元の農産物をふんだんに使用。町内の生産者の皆さんから提供をいただき実現しました。料理長の横澤与一郎さんは、「飯豊町のおいしいものを食べて元気を出してください」と声がけされていました。

町消防団辞令交付式

辞令を手渡す田辺団長 4月10日、消防署飯豊分署で町消防団辞令交付式が行われました。式には、消防団幹部など約20名が出席。副団長に就任した井上和浩さん(高峰)など、異動された団員に田辺隆団長(添川)から辞令が交付されました。また、今年度は16名が新たに入団し、団員の総数は414名となりました。式中、新入団員を代表して後藤龍広さん(椿)が、「誠実かつ公正に消防職務の遂行にあたります」と力強く宣誓されました。

緑のふるさと協力隊が本町に着任

みどりのふるさと協力隊員へ委嘱状を交付する後藤町長 4月11日、NPO法人地球緑化センター(東京都)が派遣する「緑のふるさと協力隊」として、細川由貴さん(浜松市)と牧野美咲さん(金沢市)が本町に着任しました。2人は中津川地区に1年間定住し、農林業や地域活動への参加を通して、地域おこしの提言や都市部への情報発信などを手伝います。後藤町長から委嘱状が交付され、細川さんと牧野さんは共に「山村生活を楽しみにして来ました。積極的に地域の方々と活動していきたいです」と答えていました。

男声合唱団プロージット「美の里」に慰問

合唱する団員 4月17日、男声合唱団プロージット(齋藤徹会長・松原)の会員17名が、介護老人保健施設「美の里」を訪れ、利用者へ歌のプレゼントをしました。指導者の土屋和彦さん(長井市)は、「皆さんおなじみの曲も歌いますので楽しんで聴いてください」とあいさつ。指揮をすると、息の合った歌声が施設いっぱいに響きました。「最上川」や「故郷」など7曲を披露し、利用者から大きな拍手が送られていました。

わくわく♪おはなし広場

工作する参加者の様子 4月24日、こどもみらい館で「わくわく♪おはなし広場」が開かれました。こども読書週間に合わせ、町民総合センター「あ〜す」図書室が企画。親子連れなど約30人が参加しました。参加者は、手塚娃子さん(萩生)と梅津智子さん(添川)による絵本の読み聞かせを楽しんだほか、新聞紙を使った「かぶと」の工作に挑戦。金太郎の顔を描き、折り紙で飾り付けをするなどして、素敵なかぶとを作り上げていました。

先月へ                                               翌月へ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課総務情報室

TEL/0238-72-2111(内線:222)