ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > 9月の出来事

飯豊町を知る

飯豊町を知る
飯豊町について
飯豊町の今
9月の出来事

飯豊中学校創立記念式・芸術鑑賞

一番太鼓を生徒がたたく様子 9月3日、飯豊中で、創立60周年記念式と記念芸術鑑賞が行われました。真打ちで活躍する落語家を招いて行われた記念芸術鑑賞では、寄席の開演時に鳴らす寄席太鼓や、手拭いや扇子を使って人物のしぐさを表現する手法などを、ワークショップ形式で学びました。寄席が開場する時に打たれる一番太鼓には、4人の生徒が挑戦。寄席にお客様が「ドンドントコイ」という意味が込められた、たたき方が難しいようで、生徒は照れ笑いしながら指導を受けました。

ハンドルをギュー(牛)と握って安全運転キャンペーン

ドライバーに飯豊産米沢牛おにぎりを配る様子 9月25日、めざみの里観光物産館駐車場で、ハンドルをギューと握って安全運転キャンペーンが行われました。ギュー(牛)にちなんで、飯豊産米沢牛を使ったおにぎりなどを、ドライバーに配りながら安全運転を呼びかけました。町交通安全推進協議会では、ドライバーへの啓発品配布を通して、年2回街頭活動を行なっているほか、国道113号でのパネル広報など、精力的に交通安全を呼びかけています。

日通の森「森林育成活動」秋ツアー

日本通運の社員とその家族が植林をする様子 9月22日、中津川小坂地区で、日通の森「森林育成活動」秋ツアーが行われました。珂日本通運の社員とその家族が参加して行われるこの活動は、12年目を迎え、リピーターも多く参加されます。今ツアーでは、関東圏や遠くは大阪から42名の参加者が訪れ、森林育成活動をとおして社会貢献事業に汗を流しました。今回は、秋ツアー恒例となったブナの植林。約1,000uの面積に400本を植え付けました。

第22回森林の文化祭

冒険体験ゾーンで、クライミング体験や丸太渡り体験をする子どもたち 9月23日、源流の森で、第22回森林の文化祭が行われました。会場内には、森林から拾った木の実でブローチを作るクラフト体験や、すすきなどで筆を作って習字を行う体験など、森林の自然に触れる体験教室に、多くの家族連れが詰めかけました。冒険体験ゾーンでは、見上げるほどの高さをよじ登るクライミング体験や、高さ6mの丸太を渡る体験などに多くの子どもたちが挑戦。下で見守る保護者の心配をよそに、輝かしい表情で冒険に挑んでいました。

添川児童センターかもしかクラブ学習会

保護者やかもしかクラブリーダーと一緒に指差し確認する様子 9月20日、添川児童センターで、かもしかクラブ学習会が行われました。町交通安全専門指導員やかもしかクラブのリーダーの指導を受けながら、この日は、園の外に出ての学習会。実際に車を使用し、運転者からの目線の死角を確認したり、「車は急には止まれない」ことの実演をして、園児たちにわかりやすく学習が行われました。会の最後には、実際の道路で指差し確認をしながら歩行訓練をしました。

宇津沢カボチャ規格審査会

出荷された宇津沢カボチャの企画を審査する様子 9月28日、中津川の宇津沢で、「宇津沢カボチャ規格審査会」が行われました。規格審査にあたるのは、生産者組合宇津沢かぼちゃの里(渡部恵介代表)に加入している6軒の生産者。審査は色づきや形などで行われ、合格したものだけがラベルを貼られ、重さごとに等級を決めて出荷されます。今年は、昨年に続き出来が良いと話しながら審査は進められました。カボチャは、出荷から順次販売されます。

平成30年8月の出来事へ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課情報防災室

TEL/0238-87-0522