ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > 4月の出来事

飯豊町を知る

飯豊町を知る
飯豊町について
飯豊町の今
4月の出来事

屋台村いいでら プレオープン記念式典

屋台村いいでらのオープンを祝しての鏡開き  4月5日、中部地区活性化センターで、屋台村いいでらプレオープン記念式典が行われました。式典には、飯豊型屋台村愛称選考委員会で決定された「屋台村いいでら」の命名者の志賀冨美子さん(川西町)を始め、関係者約30名が出席しました。式典終了後、屋台村いいでらの前で鏡開きが行われ、関係者がさらなるにぎわいの拠点完成を祝いました。屋台村いいでらは10日にグランドオープンし、餅の振る舞いが行われ、大勢の来場者でにぎわいました。

スポーツ少年団合同入団式

9つの団に認定証を手渡す様子  4月15日、町民スポーツセンターで「スポーツ少年団合同入団式」が行われ、島貫潤一郎本部長から9つのスポ少の代表に認定証が手渡されました。飯豊ドリームズ野球スポ少の渡部 琉 る 碧 くん(第一小) いが代表して団員綱領に沿って「スポーツをとおして健康な体と心を養うことや、スポーツの喜びを学び、友情と努力を大切にします」など5項目を宣誓しました。今年の団員は、総勢141名です。

町内小学校 交通安全教室

交差点で停止し、声を出しながら指さし確認 よし!  4月13日から町内小学校で、道路の歩行の仕方や自転車の乗り方を学ぶ交通安全教室が行われました。第一小では1〜6年生までの児童が参加し、その内3〜6年生までの102名が、学校周辺の約2kmで実地講習をしながら自転車の安全な乗り方を学習しました。児童たちは「ブレーキよし!ペダルよし!後ろよし!前よし!発進!」と元気よく声出し確認をしてペダルをこぎ出しました。

水仙ロード

西部地区公民館前で、水仙を手で植える様子  4月22日、中津川地区および西部地区で、水仙ロードの整備作業が行われました。この水仙は昭和50年代に白川ダムの湖底に沈む民家の庭先から植え替えられ、中津川地区では延長約10kmにも及ぶ水仙ロードになりました。5年前からは、水仙ロードを国道113号につなげようと、中津川地区と西部地区の両地区の方が協力しながら延伸の取り組みを始め、この日は、西部地区公民館前の沿道約300mに、約15名の参加者が水仙の植え付けを行いました。

にぎわい再現プロジェクト委員会

町内のアクセサリー作家akiさんから作り方を教わる参加者  4月21日、ホテル・スロー・ビレッジで、にぎわい再現プロジェクト委員会主催によるアクセサリーのハンドメイドワークショップが行われました。同イベントは、さまざまな世代間の交流の場を設けようと企画されたもので、町内のアクセサリー作家akiさんを講師に招き小学生から大人までの12名が参加しました。参加者たちは思い思いのカラーのビーズを加工しイヤリングなどを手作りしました。

町消防団辞令交付式

団長に対し、職務遂行の宣誓を行う新入団員  4月8日、あ〜すで「町消防団辞令交付式」が行われました。式には、消防団幹部や団員など約100名が出席。田辺隆団長から異動された団員に辞令が交付されました。今年度は14名が退団し20名が新たに入団。団員総数は419名です。式中、新入団員を代表して本部分団第1部第3班の遠藤奈央さんが、「良心に従って忠実に消防職務の遂行にあたります」と力強く宣誓しました。

平成30年3月の出来事へ
平成30年5月の出来事へ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課情報防災室

TEL/0238-87-0522