ヘッドメイン
背景色 文字サイズ
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > 6月の出来事

飯豊町を知る

飯豊町を知る
飯豊町について
飯豊町の今
6月の出来事

飯豊産米沢牛フェスタ

黒べこまつり前夜、お先に飯豊産米沢牛を味わう 6月30日、町制施行60周年記念事業および第30回いいで黒べこ祭りを記念し、前夜祭として飯豊産米沢牛フェスタが行われました。同イベントでは、黒べこ祭りのために購入した枝肉から前夜祭用の牛肉を用意。約60人が最高級A5ランクの飯豊産米沢牛を味わい、祭り本番を盛り上げました。今年度提供された牛肉は、中地区の大谷部昌浩さんが繁殖した子牛を、萩生地区の白萩屋畜産(長岡正芳さん)が手塩にかけて育てた黒毛和牛でした。

第8回眺山牧場まつり

ポニーを間近に驚いた表情の来場者  6月3日、眺山小動物公園で、第8回眺山牧場まつりが行われました。会場内に設けられた、小動物との触れ合いコーナーには、ウサギやヤギ、ヒツジなどがお目見えし、子どもたちが実際に手でなでて触れ合いを楽しみました。また、ポニーの背中に乗って乗馬体験を楽しんだ子どもたちからは、「毛が柔らかくて気持ちいい」といった感想が聞かれました。開園中、約300人の家族連れで賑わいました。

わくわくこども園幼児部かもしかクラブ学習会

しっかり手を上げて、右見て、左見て  6月27日、わくわくこども園幼児部で、かもしかクラブ学習会が行われました。町交通安全専門指導員やかもしかクラブリーダーの指導を受けながら、園児の手を引くのはおじいちゃんやおばあちゃん。ストップの約束では、「ストップ!右見て、左見て、右見て渡ります。キョロキョロ」と大きな声を出しながら道路を渡る練習をして、楽しみながら、安全な交通ルールを学びました。

プレ・ド・フェット・ド・ラ・ミュージック2018

長い夏の夜、多彩なステージを繰り広げる「プレ・ド・フェット・ド・ラ・ミュージック2018」  6月16日、あ〜すで、プレ・ド・フェット・ド・ラ・ミュージック2018が行われました。この催しは、日の出から日没までの時間が1年で最も長い夏至の時期に音楽を楽しむものです。ステージには、少年少女合唱団やコーラスグループ、管楽器や和太鼓の演奏など、7団体から約50人が出演し、多彩な音色で聴衆を魅了しました。即興でリズムを刻むアトラクションでは、パーカッションを手にした来場者が会場内を練り歩き、盛り上がりを見せていました。

ほのぼのサロン お楽しみ会

宇山基道さんのミニコンサートで盛り上がるサロン参加者  6月12日、めざみの里観光物産館で、ほのぼのサロンのお楽しみ会が行われました。参加者は、町内各地区のサロンに参加している方136人。会では、交通安全専門指導員による寸劇や、シンガーソングライターの宇山基道さん(椿)のミニコンサートが行われました。宇山さんの伴奏で昭和年代の歌謡曲6曲を歌い、時には笑いを交えてトークを繰り広げるステージに、参加者からは笑顔が溢れました。

手ノ子幼稚園 親子サッカー教室

夢中でボールを追いかける園児たち  6月22日、手ノ子幼稚園で、県サッカー協会長井地区キッズ委員会の協力のもと、親子サッカー教室が行われました。教室では、親子で仲良く手をつないで、ドリブルやシュートの練習をして、サッカーを楽しみました。盛り上がりを見せたのは、最後に行われたミニコートでの親子対抗試合。練習したばかりのドリブルから力強いシュートを決めると、仲間たちと手をたたいて喜ぶ姿が見られました。

平成30年5月の出来事へ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課情報防災室

TEL/0238-87-0522