ヘッドメイン
住まいと暮らし福祉と健康観光とイベント教育と文化仕事と産業飯豊町を知る
トップ > 総務企­画課­ > 9月の出来事

飯豊町を知る

飯豊町を知る
飯豊町について
飯豊町の今
9月の出来事

中部地区婦人学級「応急手当、運転適性講習会」

削蹄競技の様子 9月25日、中部地区公民館で、中部地区婦人学級(鈴木栄子学級長)が、応急手当と安全運転の講習を受けました。応急手当講習では、飯豊分署員を講師に迎え、負傷者への包帯の巻き方や止血方法などを学びました。安全運転講習では、初めに、県警察の運転適性診断車「ゆとり号」で運転時の反応の早さや正確さなどのテストを受け、その分析結果に基づいてアドバイスを受けました。鈴木学級長は、「自身と誰かのために講習を生かしたい」と話されました。なお、運転免許証を持たない方は和装のリフォームを学びました。

夢きらら元気っ子広場

ミュージックワークショップの様子  9月11日、あ〜すで、こどもみらい館の企画による「夢きらら元気っ子広場」が行われ、人形劇が2話上演されました。鑑賞したのは町内幼児施設の子どもたち約230名。劇が始まると、人形の生き生きとした仕草や変化に富んだ声色で、子どもたちは瞬く間に物語の世界に。「貧乏神と福の神」で、夫婦の“貧乏神と住みたい”とのセリフに、「貧乏になっちゃうよ」と、夫婦に語りかける子どももいました。

飯豊白川つり大会

中ふれあいおまつり広場の様子 9月14日、中津川地区で「飯豊白川つり大会」が行われました。主催は西置賜漁業協同組合飯豊支部。13名の参加者は、事前にニジマス約450匹が放流された置賜白川で、釣り上げた匹数で順位を競いました。この日の魚は食いつきが良く釣果は上々。3時間の制限時間が終了すると、重くなったビクを満足そうに本部に持ち寄る参加者たち。大人の部優勝者は40匹、子どもの部優勝者は19匹を釣り上げました。

第二小学校にランニングコース完成

庄内のごっつぉ教室の様子  9月13日、第二小学校で、同校運動会に合わせて体力づくり用のランニングコースのオープニングセレモニーが行われました。コースは、昇降口前をスタートし校舎裏へ回り、小山を超えてグラウンドを半周ほどして昇降口前でゴールする
650mの周回コースです。愛称は同校児童から募集して、「がんばロード 6 5 0 (ろくごうまる)」と命名。考案した5年生長沼駿吾君は「頑張って走って体力がつくように」との願いを込めたとのこと。セレモニー後に児童と保護者が起伏に富んだコースを試走しました。

水仙ロードにスイセンを植栽

米沢越後街道十三峠、観光ガイド講座の様子  9月8日、中津川地区で、志田義雄東京飯豊会事務局長夫妻と公民館職員が、中津川診療所付近の県道沿いにスイセンを植栽しました。この県道は春になると水仙ロードと呼ばれ、約10qに及ぶ花の道になります。水仙ロードに込められた地域の思いに感銘を受けた志田夫妻は、自宅の庭で育てているスイセンの球根の一部(約100球)を持参。「きれいに咲いて道行く人に眺めていただければ」と志田夫妻は話されます。

スポーツクラブキララ☆「バブルサッカー体験」

復刻版椿劇場、ウルトラクイズの様子  9月13日、町スポーツセンターで、いいでスポーツクラブキララ☆が企画して、大きなビニールボールをかぶって行うミニサッカー「バブルサッカー」の体験会が行われました。参加者約20名は、初めこそ慣れないバブル感と視界の悪さでぎこちない動きも、コツをつかむとその衝撃吸収性を生かしたプレーに挑戦。体を盾にした堅い守備やダイビングシュートなどを披露し、会場を沸かせていました。

宇津沢かぼちゃの認定審査会

 9月17日、旧中津川小中学校を会場に「宇津沢かぼちゃ認定審査会」が行われました。同カボチャは、中津川地区宇津沢集落で栽培されている伝統野菜(山形おきたま伝統野菜に認定)。表面がオレンジ色で、濃厚な甘さとほくほくした食感が特徴です。審査会は同日に設立した生産団体「宇津沢かぼちゃの里」(渡部順子代表)が実施。色や形、重さなどの基準を満たしたものには認定シールが貼られました。「種を絶やさず品質向上を目指します」と渡部代表は話します。

先月へ                                              翌月へ



この記事に関するお問い合わせ先

担当課/総務企画課情報防災室

TEL/0238-87-0522(直通)